出産育児一時金

[概要]

国民健康保険に加入されている人が出産したときは、 出産育児一時金を支給します。なお、お子さんが産まれた病院などに直接出産育児一時金を支払うこともできます。
※直接支払うことができない病院などで出産した場合でも、出産育児一時金の支給を受けることができます。

[支給内容]

出生児(生まれた赤ちゃん)1人につき42万円
(産科医療補償制度対象外の場合は40万4000円。

[対象者]

国民健康保険に加入されている人で出産した人
※妊娠85日以上での出産であれば、流産や死産も支給対象となります。
※他の健康保険から出産育児一時金を受けられる方は、国民健康保険からは支給しません。

[申請できる人]

世帯主の方

[申請期日]

お医者さんなどに、直接出産育児一時金を支払うことを希望される人は、出産のために入院した病院などで手続きをしてください。
直接支払うことを希望されない人は、出産した日の翌日から2年以内に申請してください。

[手続きなど詳しくは]

「出産育児一時金(桐生市サイト)」をご覧ください。

出産育児一時金(桐生市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく